Blog

中古自動車部品輸出-スリランカ3

中古車・中古自動車輸出・中古車部品輸出

今後の可能性が期待されるハンバントータ港。 現在、日本輸出された中古車は全てこちらの港に水揚げされます。 ん〜、ざっと1000台位の中古車があるのですが、よく見るとほぼ新車。そうなんです。スリランカは登録だけした新古車がとても人気で、ベゼルやフィットハイブリット、プリウス・アクア等のハイブリット車が数多くスリランカに輸出されています。   なので、オークション会場ではスリランカの市場によってこのカテゴリーの落札価格が大幅に乱高下する特徴があります。 その悩みの種が毎年10月末に発表される翌年度の予算委員会。来年は大統領選があるとの事で減税の方向にきまり、また活発なオーダーがくる様になりました。   発表内容は 2年以内Hybird 車 課税率60% 1年以内ガソリン車課税率 200 %  ( パーミット付きで60% )  年式規制 従来通り 但し、一部モデルによっては輸入評価金額の切り下げ(5−10万円程度) また、経過月による 評価額の減額(3ヶ月を超えると5%下がるなど)も織り込まれました。 バン、トラック、マイクロバスなどの商業車輛も 175% / 126 % →100%へ減税 1000cc以下のガソリン車(軽自動車等が該当)が202 % →1173%へ減税 という事で、来年は期待が出来そうです。   写真は港で弊社が販売したVESELを発見して記念写真。 その後はスタッフと一緒にカニを料理を楽しみました。 気になる方は一度食べてください。絶品カニ料理を楽しめます。 http://www.ministryofcrab.com

Continue reading »

中古自動車部品輸出-スリランカ2

中古自動車輸出・日本車輸出・スリランカ

スリランカでの輸入組合とのミーティングの翌日は大統領肝いりで始めた巨大プロジェクト。ハンバントータ港視察の旅に行ってきました。 コロンボからバスに揺られて5時間。何で首都からこんなにも離れた場所に?と疑問が少しあるのですが、この場所はマヒンダ大統領の生まれ故郷。 田中角栄よろしく、おらが村に港・空港・高速道路と引っ張ってきちゃってます。 ん〜、時の権力って凄いんです。 もちろん地理的にも世界の航路を考えれば、ここに巨大な中継点を作りドバイの様な夢の計画をたてるは”男のロマン”として凄く応援したくなります。 という事で、日本からの業界団体も応援していますよ。的な感じでマスコミも沢山来て、ニュースにも放映されていました。 まだ日本からの中古車が入る程度の規模ですが、将来的には巨大なハブ港になっている事でしょう。この計画はPhase1から3まであり、第一弾だけでも508百万ドルです。ただ、その資金の8割が中国の銀行からというのは気になりますが・・・ まずは来年の大統領選!これに勝たねば計画が全て・・・ とりあえず、この計画を仕切っている大臣と2ショット写真。その後、大臣の部屋から一望出来る港を背に記念写真をパチリ。 つづく。                  

Continue reading »

中古自動車部品輸出-スリランカ1

中古車部品輸出・中古自動車部品輸出・中古車輸出・中古自動車輸出

先週は中古車輸出協同組合(JUMVEA)の市場視察旅行として、スリランカへ訪問してきました。 スリランカは年間15,000−18,000台程度が輸出されており、L/C取引と車両単価が高い為に少なからず参入障壁がある市場というのが特徴です。 今回の視察旅行では現地中古車輸入組合との商談ミーティングを昼・夜と行いました。 スリランカでも寿司と刺身が美味しく食べれて、日本文化が浸透している国でもあります。    

Continue reading »